文字看板めぐり

街の「文字看板めぐり」で楽しむ書道の世界

2008年11月の記事

(17)青柳 珍しい篆書の看板

 一番古い字形は篆書体(てんしょたい)ですが、お世辞にも読みやすくはありません。しかし大胆に篆書体を看板にしている店があります。

(16)一哉堂≪川端龍子≫

(15)三原堂≪山崎節堂≫

(14)栄太楼≪高林五峯≫

東京の日本橋の顔ともいうべき「栄太楼」の看板は高林五峯の書。かつては日本橋本石町の高林塾も下町の顔とされていました。

前の月:2008-10  - 次の月:2008-12

「文字看板めぐり」のトップに戻る - ひとつ前に戻る