活動報告&ニュースリリース

2016年2月の記事

講演会 無事終了 >>> 2016/02/18

 西国分寺駅前の「ひかりプラザ」での私の講演会 2/13(主催:国分寺市、企画:国分寺市文化振興市民会議)は天気にも恵まれ、まずまずの出足(参加者200名ほど)で、居眠りされることもなく無事終了しました。



 手話通訳を二人つけていただきまして、国分寺市聴覚障害者協会の方々の聴講もあり、講演後楽屋で歓談することができました。私の話の趣旨は「漢字は古代中国の聴覚障害者たちの手振り言語(手話)に始まる」という新仮説なので、これらの人たちの感想を知りたかったのです。 思いもよらなかった、と聞いてちょっと意外でもあり、少し得意になりました。今後は聴覚障害者協会などからお声がかかればいつでも出向いてお話したいと思っています。
 私のエッセイでは100頁ほどあるので、そのエッセンスだけを述べても一時間半はすぐ経ってしまいます。レベルを上げると長くなり、下げると説明不足で「独りよがり」に思われ、エッセイのように証拠の例示をあげ、学者の見解まで言及するのはほとんど困難です。したがって武丁については面白い話を割愛せねばなりませんでした。このあたりもう少し検討を重ねて短く「要を得た」話にしなければならないでしょう。



2016年2月のコラム

コラムのトップに戻る - ひとつ前に戻る