活動報告&ニュースリリース

2010年9月の記事

第62回 中央区書道展のお知らせ >>> 2010/09/04

null

 恒例の中央区書道連盟主催の展覧会です。入場無料。区の行う書道展としては東京一の古さがあります。
今年は私(岡村)が当番で、講演(土曜日)することになっています。

null
出品作は174点。例年このくらいの数字をキープしている。そのうち30%が「かな」作品。漢字作品のほうが倍以上もある。書道人口の「かな離れ」が心配されている。

null
小中学生の作品は29点。一律に半切1/4のサイズとしている。わが青溪会は14点を出品した。入門したばかりの1年生の作もある。

null
中央区長も常連の出品者である。区長賞は漢字、かなそれぞれに一つずつ。会期の前々日に審査があり、理事、審査員の二次にわたる審査が行われる。区長賞、会長賞、連盟賞の三つが上位三賞である。

私の講演は銀座の書作散策。あんパンの「木村家」をはじめ、ゴーフルの「風月堂」、呉服の「せきね」などの看板の書き手を紹介。null

null



2010年9月のコラム

コラムのトップに戻る - ひとつ前に戻る